愛縛ぷれぃぃ 2008/01/21

未来26才です。今回は初めて縛られた時の話をしちゃいまーす!
あれは今から3年前位かなぁ?当時付き合ってた彼と冷めてきちゃった時に先輩と偶然会って飲みに行ったんだ。えっちな話とかして盛り上がってラブホに行きました。
部屋に入った途端、激しいキスをしてきて…
ソファーに寝かされて首や耳にもキス…シャツのボタンを外しブラをずらして胸にしゃぶりついてきて…。
『はぁっ…んっあぁ…』
ってその声に先輩は
『お前のこんなにイヤらしい顔見たの初めてだ』
って乳首レロレロ再開。気持ち良くて先輩の頭を押さえ付けてた(笑)
先輩はだんだん下に行ってスカートを捲り上げてパンツの上から指で割れ目をゆっくりとなぞってきた。
体がビクッ!って反応した。早く触ってほしくて
『早くぅ〜もっと触ってぇ〜』
っつおねだりしちゃった。そしたらパンツの横から手を入れて
『もうこんなにヌレてんじゃんよっぽど彼のHは淡泊なんだなぁ』
ってつぶやくと仕事用のバックからデジカメを出したの。
『ちょっと何するの?』
『未来をいっぱい興奮させてやりたいからさ。あとで消すから心配するな』
って。服を半端に脱がされてる状態で先輩は私の恥ずかしい姿にシャッターを切り始めた。
シャッター音が鳴る度に確かに私は興奮した。
何枚か撮ると私を立たせパンツだけをするりと脱がし壁に手をつかせて一気にちんこを突っ込んできた。 『んっ…あんっ、あっ…』
『未来の中、すごい熱いよ』
『先輩のも熱い…もっとちょうだい』
ってまたおねだりした。
『こんなにお尻突き出して…気持ちいいの?』
『うん』
『締まり良すぎるよ…イッちゃう』
『いーよ、イッて?私もイクから』
『よしっ、一緒にイコッ』
『あんっ、あっイクぅ〜!』
二人でイッた。そして
『今日はまだまだやるぞ!覚悟しとけよ〜』
って(笑)
一緒にお風呂入ってキレイにしたと思ったら湯槽の中で手マン開始!
長い指がGに当たってスグにイッちゃった。
そのまま湯槽の中で対面座位。先輩は私の胸を揉みながら片方の乳首をレロレロ。
自分から腰振ってた。クリが擦れて超気持ち良くてまたイッた。
お風呂のお湯には先輩の精子と私の汁が浮いてました。
お風呂あがってグタァ〜ってしてたら先輩がネクタイを手にして私に目隠しをしてきた。
まだ休ませて〜!と思いつつも初めての目隠しにドキドキしはじめて…。
目隠しが済むと手を後ろに縛られた。
どこから出てきたのかビニールの紐でおっぱいを縛られ…ソファーに座らされ足をM字に開かされた。
初めて縛られて不安と興奮が入り交じる…。でも、優しくキスして耳元で
『大丈夫だから力抜いて』
って。不安は消えた。
キスした唇が離れ、次に何をされるかが見えないからドキドキ。すると乳首を舌先でペロッ。
『あんっ』
すると今度は激しく胸にしゃぶりつき、片方で激しく胸を揉んできた。
『すげぇ、イヤらしい格好してる』
そしてまたデジカメでその姿を撮り始めた。
『ちょっと待ってて』
とフロントに電話をしてるみたいで。しばらくするとチャイムが鳴った。何か注文をしていたらしく
『お待たせ』
そう言うと足を更に開かせマンコを下からすくうように舐め
『お尻の穴までえっちな汁が滴れてるよ』
って。
『恥ずかしいからあまり見ないで…』
『すげぇ…キレイだよ、未来のマンコ…』
と言ってまたピチャピチャ音を立てながら舐め始めた。
クリを吸いながら指を穴に2本位だったかな?
それも確実にGを攻める。
クネクネと腰が動いてしまう…またイッちゃう…と思った瞬間、潮を吹いてイッた。 休む間もなくバイブらしき音が聞こえゆっくりと私の中に入ってきた。
『はぁっ…んっ…ダメ…だよっ…』
『でも未来のマンコはすっぽりくわえてるよ、ほら』
『いやっ…あんっ…』
『気持ちいいんだろ?コレ』
奥まで入れてグリグリ。片方の手はクリをコリコリ。
『またイッちゃうよ…』
『何度でもイキな』
『おかしくなっちゃうよぉ』
バイブをグルグル回したり出し入れさせたり…
『ダメっ、イッちゃ…う…』
またイッた。バイブが入ったまま果てた私の姿をまたデジカメにおさめていた。
今度は足の紐をほどかされソファーに横に寝かされた。
そしてローションを私の体に垂らしてイヤらしい手つきで塗りはじめた。
すると私の口にチンコを当てて
『しゃぶって…』
と言う。縛られて自由に動けないけど顔だけ横を向き頑張ってフェラした。
その姿までデジカメで撮ってた。
しばらくして今度はうつぶせにされてお尻を突き出すように言われ…後ろからも写真を撮っていた。
私の体力は限界に近かった。
それを見兼ねたように紐も目隠しも取ってくれてベッドへ…そして最後にノーマルエッチをして朝まで寝ました。
朝起きてまたして…その後、撮った写真を一緒に見て超恥ずかしかったよ〜。
その場で消してもらいました。その先輩とはしばらくしてた。
おかけで当時の彼としても全然濡れなかったのは言うまでもありません…。
エッチ体験談投稿リスト


Imnoko This space intentionally left blank