目指せっ国立マン 2008/05/18

はじめまして♪
私わ高Bなのでお正月だっていうのにガッコで勉強していました。
国公立目指してるしHなんてした事ももちろんなくて…オナニーでも指は怖くていれれませんでした。
学習室で勉強してたら後輩の一葉クンが入ってきました。
その子わ女をころA変えるコトで有名でした。
私わチョット意識してたんだケドそのまま勉強を続けてたら
「しゅらさんだょね??クラスの男子がかわいいって噂してたから!」
と話しかけてきました。
私は怖くて下を向いていると
「ねぇ、俺としてみたくない?」
私のマ♀コはうずAしていました。
「私、初めてだし…」
とか言っていたケド本当はヤリたくて仕方ありませんでした。
その顔をみて彼は理性を失ったょうに押し倒してきました。
私の蜜はパンツの上からでもはっきりわかるほどあふれていて彼はビックリしていました。
口→首筋→耳と舌が動いていって私は
「あっ…」
おもわず声をもらしていました。
いつ人が入ってきてもおかしくないのに私は自分をとめる事は出来ませんでした。
パンツの上から鉛筆でクリをいじめられ蜜はとましませんでした。
「あぁ…っっツ」
彼はじらしてぱんつの横から手で割れ目をなぞったりするだけでした。
私は舐めてほしくて彼の顔をマ♀コに近づけると彼は
「どぉしたの??」 と舐めてくれません。
私は頼むのがいやでぱんつをはくふりをしました。
そしたら彼はあせって舌を膣に入れてぴちゃぴちゃくちゅくちゅしてくれました
「はぁっ…っん…気持ち…いっっ」
というと彼はクリをあまがみしました。
全身に電気がはしったみたいでした。
クリがょわいと知った彼はクリを集中していぢめはじめました
「あぁ…っっあ…あンっ… はっ…アンっ」
彼に
「お…願っ…いいれ」
と言いかけた時ガラッっと戸が開く音がしました。
私はびっくりして見ると学校で一番かっこいいたくまクンでした。
かれも後輩です。
初めはびっくりしていたたくまクンもだんだん勃起していくのがわかりました。
たくまクンは私のかわきかけたマ♀コに太いモノをおしつけうごかしはじめました。
そしたらマ♀コもすごい勢いであふれだしてきてたくまクンは私の中に入ってきました。
「ズボッ…ヌルっ…」
はいったかと思うと激しく腰を動かしてきました。
はじめてだったしいたかったケドこの快感のほうが上でした。
「あっ…あンっはっはぁっん…」
最高にきもちくてあっという間にいってしまいました。
そしたらびんAの一葉クンのチ♂コが目の前にあって。
彼は不満げにしこりはじめました。
私が悪いからと彼のをしゃぶってあげると
「あっ…」
とかわいい声をもらしたした。
たくまクンのと二本同時にしゃぶりながら私の口にフィニッシュです☆
また3人でしたいです♪
長い文よんでくれてありがとね☆
エッチ体験談投稿リスト