極悪肉棒奴隷 2008/10/24

瑞希16才。私は小6から悪夢が続いている。
処女は見知らぬ男達に奪われ写真やビデオをネタに犯されている。
あいつらは親のいないときを見計らい家に上がり私を縛り上げ、無理矢理濡れていないまんこにビール瓶を指し込み溢れ出る液を舐め回し瓶がはいるとこまで押し込んできた、あまりの痛さに叫んだが何度も殴られ肉棒をくわえさせられた。
まだ未発達なまんこに肉棒を突っ込み淫らな格好でピアノをひかせあいつらは大笑いしていた。
そこに兄が帰宅してきた男達は慌てて静まり足音をきいた。
兄が部屋の前を通った瞬間にあいつらは兄を囲み縛り上げ私の姿をみせた。 淫らで精液まみれの私をみて兄のあれは皮肉にも勃起していた…
男達は兄を全裸にし私のまんこに顔をおしあて舐めさせた。
私は悔しさ悲しさの入り混じった声をあげたが男達はおかまいなしに次々といれてきた。男達が果てるとなんとあいつらは兄のものに私をのせ無理矢理ピストンさせた。
兄は私の中で果て男達はそれをビデオに納めでていった。
それ以来私は性奴隷と化しあいつらなしではダメになった。
エッチ体験談投稿リスト


Imnoko This space intentionally left blank