ド淫乱でぇす! 2009/10/22

あい、25歳です。
今までで一番感じたエッチ話聞いてください!

あれは私が大学3年生の時のこと。
当時付き合っていた彼は2個下でした。
いつものように彼の部屋でいちゃいちゃしてたら彼が
『縛らせて』
って言ってきたんです!
すごく恥ずかしかったけど、彼に喜んでほしくて頷きました。
すると彼は優しいキスで私を愛撫しながら裸にさせ、ネクタイとタオルを持ってきて私の手足を大の字にさせた格好でパイプベッドに固定しはじめたんです
(>_<) 恥ずかしさでいっぱいにも関わらず私のアソコはすでにトロトロ。。。
彼はさらに私に目隠しをすると、私の乳首をちゅぱちゅぱ、こりこりと弄びはじめました。
「はぁんっ!あっん」
いつもより敏感な私は物凄く感じて大事なとこには触れられてないのにイキそう
(>_<) 彼はそんな私に気付いたのか手を止めると、
“バタン”
というドアの音とともにどこかに行ってしまいました
( ̄^ ̄)5分ほど待っているとようやくドアが開き彼が戻ってきたみたい!
私はすぐにでも彼のを味わいたくて
「ねぇ!早くぅ」
っておねだり!すると衣擦れの音がしたと思うと、無言で私の上にかぶさりすぐにおっきくなったおちんちんを入れてきました! その瞬間、(えっ?彼じゃない)って気付いたんです!
「いやっ!やめて!誰?!」
恐怖ではじめ激しく抵抗していたのですが、相手は無理矢理犯してるっていうのに興奮してか激しく突いてきて…。
そのうち私も恐怖が快感に変わってきて
「っぁ!あっ!いいよぉ!もっとぉ」
って相手を求めていました。
私がイキそうになって
「あぁっ!イクぅイクぅ」
と叫んでイッた時、男は
『はぁっはぁっ』
って呼吸を荒くしたかと思うと、小さく
『うっ!イクっ』
ってつぶやき私の胸に熱い精子をたっぷり出しました。
男がネクタイとタオルを取ってくれようやく手足の自由を取り戻した時、最後の目隠しを取ると、私の目の前には彼との共通の友達の顔が。。。
隣に住む友達は彼と私の声を聞いてたみたい。
けど彼が出掛けた様子なので部屋に入ってみると淫らな私の姿を目のあたりにし我慢できなくなったって。
友達は私をまた前の状態に縛って目隠しをすると自分の部屋に帰っていきました。
その後、ゴムを買って帰ってきた彼とエッチをしたのは言うまでもありませんが、そこまでの快感が得られなかったのは私が淫乱だからでしょうか?
エッチ体験談投稿リスト


Imnoko This space intentionally left blank