セフレの作り方
〜出会いサイトでセフレを作る欠点〜

利点もあれば欠点もあるのが出会いサイトでセフレを作る場合の特徴です。
元々出会い系サイトでは自分の顔、つまり容姿や自宅・会社といった自分の情報を見せなくてすむという特徴があります。だからこそ普段とは違って大胆になれたり周囲にいえないような欲望を出すことができるわけですが、同時に相手も同じ条件であることを忘れてはいけません。相手が嘘をついていたり悪意があったりしても見抜くことはよほどの経験者でなければできません。そしてよほどの経験者だとしても完全に見抜くことはできないのです。

ですが、これらはある程度の知識があれば回避することができます。0(ゼロ)にはなりませんが、より安全に、よりスムーズにセフレを作ることが可能です。
ではどのような知識があればいいのでしょうか。

まず騙されるかもしれないということを覚えておきましょう。この騙されるというものの中には、相手をからかう為だけに架空の人物になりきる個人レベルでの騙しと、お金を使わせるためだけに業者に雇われたサクラという騙しがあります。
個人レベルでの実害は写メや個人情報を教えていなければ「やられた!」という程度ですが、サクラに徹底的に騙されると場合によっては数百万のお金を使うことになります。
対策としては、解約しても大丈夫なメールアドレスくらいならば問題はありませんが個人情報は簡単に教えないようにします。サクラに対しては、色よいことを言ってきても実際に会えない場合(ドタキャンなどが続く場合)はサクラを疑っていいでしょう。

そして最大の注意点としては、実際に会う場合どんな人がくるかわからないということを覚えておくことです。メールではやさしい人だったのに直接会ったらとんでもない粗暴な人だった…、仲間数人連れてきて出会い系を使っていることをネタに脅された…、そんなことにならないようにしたいですね。
直接会うのならば、まずは相手とほどよい距離を取れるような時間と場所を選び、相手のことがある程度わかりようになるまでは個人情報は教えないことが重要です。
普段顔の見える相手ではないからこそ話がスムーズにいく部分と欠点が混在している出会い系でのセフレ作りですが、要点を抑えることで無限の相手探しを安全にすることができます。

みんなのエッチな体験談